賃貸住宅に住むためには審査を受けなければなりません

賃貸住宅の審査に通るコツ~フリーター編~

賃貸住宅の審査に通るコツ~フリーター編~ 賃貸物件の審査では一定の基準をクリアした人にのみ入居の許可を出しています。
ポイントを押さえておけばフリーターのように正社員と比較して不安定な職の人でも問題なく借りることができるでしょう。
まず最も重要なのが安定した収入があるかどうかを判断する「年収」です。
家賃が年収の12分の1のさらに3分の1以下であれば許可が出る可能性が高く、さらに家賃の負担が低ければ低いほどハードルは下がるでしょう。
家選びをするときに審査に通らない人は安い家賃の家を選ぶと良いです。
保証人の信用力も重要です。
保証人が必要になる場合は家族のうちの誰かで最も収入がある人になってもらいましょう。
定年を迎えて年金暮らしをしていたり、安定した収入がない場合は信用力が低くなってしまうため、プラスにならないこともあります。
過去に借りていた家でトラブルを起こしたことがある人は、同じ会社の賃貸物件は避けたほうが良いです。
社内の顧客データにトラブルの履歴があったり、家賃を滞納したような記録があると落とされてしまう可能性が高くなります。

無職でも賃貸の入居審査に通るためのポイント

無職でも賃貸の入居審査に通るためのポイント 無職でも部屋は借りられますが、入居審査に通るのは困難です。
しかし、可能性はゼロではありません。
賃貸契約を結べる様々な方法があります。
まず、連帯保証人を立てることです。
家賃を払えない場合には連帯保証人が請求されますが、この連帯保証人が支払い能力のある堅実な人間であれば、入居審査に通ることができます。
また、連帯保証人がいない場合でも、家賃が安い物件の場合は、賃貸契約を結ぶことができる可能性があります。
家賃が安いほど基準は甘くなるからです。
そして、不動産業界の閑散期に狙いを定めることで、さらに可能性は高まります。
一般的に、新しい生活の準備を始める2月から3月頃やゴールデンウィークは繁忙期となり、利用者も多いので基準は厳しくなります。
しかし、それ以外の時期は利用者も多くなく、大家も少しでも家賃収入を得たいことから、賃貸契約者に対する基準も甘くなるので、借りられる場合があります。
家賃価格や契約時期を考慮すれば、無職でもあきらめる必要はないといえます。